『やりたいことは、今すぐにやれ』

Friday, January 11, 2013

日本統治時代の家屋カフェ「香夢園」

最近、夜、てくてく歩いている。
日によってコースはちがうが、お気に入りは、
片道15分の美術館まで行って、ちがう道を帰ってくるコース。

美術館の池にかかっている橋の欄干が、弓形になっていて、
そこに寝転んで・・・というか、弓なりにもたれて、しばらく空を眺める。
高雄では、あまり星が見えない。
今日は2つ。
最近、読んだ本の影響もあって(また、今度紹介します)、
私が見ているあの星は、何万年前の光だろう? 
いまもあるんだろうか?
などと考える。

地球が誕生してからこれまでを1年としたら、
恐竜時代が始まったのが12月13日、
人間の歴史が始まったのが12月31日、
縄文時代が始まったのが12月31日の23:58で
80年の人生は0.55秒らしい。

さて、そんな壮大な歴史から考えたら、ほんの少し前のことのようだが、
屏東市には、日本統治時代、日本空軍の基地があったという。

いまも、日本人が住んでいた家屋が屏東市の一角に残っていて、
素敵なカフェ街になっているのだ。
私の台湾の姉、なでしこ夫人のご家族も、
昨年からここでカフェを開いている。
(先日の「台湾のお年寄りたち」の写真の場所もココ)

「なつかしい~」

まるで、昭和のレトロな映画のなかに迷いこんだような錯覚に陥る。
心地よくて、いつまでも、その雰囲気に浸っていたい。
一部屋ずつ、趣の異なるインテリアなので、すべての部屋で過ごしてみたい。


なでしこ夫人のご主人は、台湾の「ハーブの父」と言われる大学の先生。
よってハーブティは、絶品。

台湾人にも、日本人にも、ぜひとも行ってほしい。

なにかの理解と、なにかの閃きが得られる、私にとってのパワースポット。






<カフェ香夢園>
http://www.facebook.com/pages/%E9%A6%99%E5%A4%A2%E5%9C%92/432665423456811



900 屏東市屏東市勝義巷四號08 733 3404