『やりたいことは、今すぐにやれ』

Sunday, March 10, 2013

レンザブロー女性上司連載「執拗に食事やお酒に誘っていませんか」


レンザブローの連載『素敵な女性上司になるための五十条』
17回目は、「執拗に食事やお酒に誘っていませんか」

RENZABURO
http://renzaburo.jp/

時代が変わってきたとはいえ、残業していたら、その流れで食事に行ったり、
上司の飲みに、付き合わされる人もいまだいるのではないでしょうか。

これも日本の企業文化なのかもしれません。
悪くはない。それも楽しいと思うこともあります。
が、こんなことやっていたら、女性が長く働き続けるのは難しい。

「飲み」や「食事」に頼らず、コミュニケーションは時間内で行い
本音で言い合える関係をつくることが基本なのだと思います。
女性も男性も、早く家に帰りましょうよ。

あとは、こちらを・・・

RENZABURO
http://renzaburo.jp/

RENZABUROにあった宮本輝さんとよしもとばななさんの
対談もおもしろかったです。
ちょっと前、NHKのテレビに、宮本輝さんが出ていて、
「五十を過ぎた人間の情熱しか信じない」
と言っていましたが、50歳を過ぎて持ち続けている情熱は本物なのでしょう。
50歳を過ぎてから出てくる情熱も本物かも?


ところで、編集者の方から、『女子会川柳「調子どう?」あんたが聞くまで絶好調』
という本を送っていただきました。
これが最高。

少しだけ紹介すると・・・

ちゃん付けで 呼ばれたときは やな仕事

残業の メンバー同じ イブの夜

『至急でね』 頼んだおまえが なぜ帰る

おじさんの 個性炸裂 カジュアルデー

いや、リアル。
この川柳と共感できる位置にいたいと思っているのですが、
年齢的にも難しくなっていくのでしょうか。

こうしたブラックユーモアだったり、ほんわかしたりする川柳集、
『サラリーマン川柳』だけでなく、いまは『シルバー川柳』が売れていて、
同じようなものが何冊も出ているようです。
読んですっきりするため、シルバー予備軍や、
シルバーへのプレゼントに買われているのだとか。

アラフォー、アラフィフの同じ立ち位置でつくったら・・・
うーん。どうなんだろ。
結構、その年齢にしかわからない実感というものがあって、
予備軍に受けそうな気もするし、手に取りたくないような気もするし・・・。

なんにせよ、「自虐」「笑い」にもっていけたら、ラクなんですよね。いい意味で。
やっぱり、あってもいいかも!
自分で川柳をつくる作業は、精神安定剤にもなりそうです。