『やりたいことは、今すぐにやれ』

Sunday, April 21, 2013

石垣島への旅2(スパースター・アクエリアス②)

昨日の続き。
スーパーアクエリアスでの過ごし方について。

船内新聞(英語)には、レストランの営業時間やエンターテイメントイベントのスケジュールがあれこれ書かれている。
まずは、これをチェックして、どう過ごそうかと決める。

ちゃんとした写真がないのだけど、いちばん楽しめたのは、〝Edge Of Glory〟というまさに、Lady Gaga の曲を中心に踊るショー(無料)。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」(観たことはないが)と、中国雑技団を少しずつ合わせたような!?
体操選手よりもすごい!という技を次々に展開する。
衣装も、アニメっぽいのから、スーパーマンに出てきそうなものまで、いろいろあって華やか。ダンスも上手い。
「おぉー」と叫んでいるうちに、45分があっという間に過ぎた。
ほんと、これを観るために、船に乗ってもいいぐらい。

2日目は、18歳以上のアダルトショー。
こちらは、900~1500元の有料で飲み物つき。
悩みに悩んだが、1日目の感動をそのままとっておくことにした。

代わりに行ったのは、マジックショー(無料)。
ラスぺガスで開かれている・・・というのは本当かどうかわからないけれど、
定番の、箱に入った美女の体が3体に切り取られたり、
透明なガラスケースに布をかけると、いきなり美女が登場したり・・・というもの。
定番ではあるけれど、近距離で観ると、やはり感動。
(石垣で一日、遊んだあとだったので、何度かふっと眠ってしまったが・・・)

いくつか観客も参加するマジックがあって、マジシャンが
「独身の女性、手伝ってください」
と声をかけたら、なぜか若いお母さんが、積極的に手をあげて出てきた。

そのマジックが、体を串刺しにするというもので、
子どもが、わんわんと大泣き。
ま、これもライブならではで、楽しい。

あとは、クラブのようなところで、一杯飲み、フィリピンのバンドの演奏を聴き、
寝る前に、船内カジノをのぞく。
日本、台湾の規制がきかないのか、船上でのカジノは、許されるらしい。
カジノをするために乗っている人もいるような・・・。
ルーレットやポーカー、ブラックジャックなど、とても繁盛しているようだ。

そういえば、3日間、毎日、ビンゴゲームもやっていた。
1位の賞金は、20万元(約60万円)。

3日目は、朝から夕方まで、時間がたっぷり。
デッキやキャビンで、本を読んで過ごす。

唯一、行ったのは、これ。↓

2日目、キャビンに戻ったとき、きれいにベッドメイキングされて、
置いてあったタオルのうさぎ。
大きなタオル1枚と、普通のタオル1枚でできている。

足とおしりの感じがとてもリアル。
これを作れるようになりたい・・・。

と思っていたら、3日目、ハウスキーピングの方が、デモストレーションとレクチャーをしてくれるイベントが。
いちばん前で、作り方を教えてもらう。
参加している人は、10人もいなかったが、いちばん熱心な生徒だったかも、わたくし。
200元で、DVDまで購入してしまった。

うさぎは作れるようになったかな・・・。

次回は、船内の食事などについて書きます。