『やりたいことは、今すぐにやれ』

Saturday, April 20, 2013

石垣島への旅1(スパースター・アクエリアス①)



台湾から石垣島は、直線距離にすると、とっても近い。
グーグルマップで確認すると、「沖縄―石垣」よりも、「台湾―石垣」のほうが近いほどだ。

今回、石垣島に行こう!と思い立ったはいいが、飛行機は乗り換えで、時間帯もよくない。

ほかに行く方法はないか?
と調べていて、見つけたのがスパースターアクエリアスでの船旅。

これだと、飛行機代とほぼ同じ金額で、ホテル、食事代まで賄えてしまう。
寝ているうちに着く。
ほとんど手ぶらで観光できる。
なんてラク……。

「スーパースターアクエリアス」という船は、

☆全長230m、51,000トン、客室数765室、乗客定員数1,529人

☆1993年創業したノルウェー船
☆2007年から香港母港のカジュアル客船にリニューアル

☆2013年10月まで、沖縄、石垣へ3泊、2泊で運行
☆2泊3日の石垣クルーズは、基隆22時出発、翌日10時に石垣着
  その日の夜20時に石垣発、翌日17時に基隆に帰ってくるスケジュール
  3日目、午前中は海上に停泊していた

【スタークルーズのサイト】
http://www.mercury-travel.com/cruise/cruiseline/starcruises/aquarius.html



ちなみに、私は、海側窓付きの4階で、いちばん下の丸窓の部屋(写真・左上)。
安価な部屋だけれど、波が近くに見えて、それはそれで、よかった。
あまり揺れないし・・・(上のレストランなどは結構、揺れていた)。

ほかに気づいたことといえば・・・

☆乗客は、ほとんど台湾人
☆キャプテンはスウェーデン人、ホテルマネージャーはシンガポール人、
  ほかのクルーは、台湾、韓国、フィリピン、インドネシアなど
☆日本人のクルーはいないが、英語はOK

☆あまり関係ないけど、テレビはサムスン
☆部屋内のお茶は、なぜか日本茶で、湯呑み、急須のセット


☆日本への入国手続きは、石垣島に到着してから船内で行う
  (日本人は「帰国」ということになり、スムーズ)

☆船内は冷房がガンガン効いていて、結構、寒い
  (キャビンでは暖房にしていた)

今回、船旅にしてよかった・・・と思ったのは、エンターテイメントの充実。
ショーを観るだけでも、乗船する価値があると思うほどで、想像以上に楽しめた。
これについては、また明日(か、明後日?)、ご報告します。