『やりたいことは、今すぐにやれ』

Monday, August 19, 2013

集中する場所。集中する時間。


安らぐ場所と、集中できる場所は、似ているようで、まったくちがう。

引っ越ししてからもうすぐ1カ月。
2週間ほど帰国していたので、新居で過ごしているのは2週間だろうか。

その間、執筆に集中できる場所を求めて、一日の時間帯によってキッチンやベッドルームなど、家のなかをぐるぐる移動。
3度目の書斎の模様替えで、やっと「これだ!」という場所を見つけた。
デスクを移動して座った瞬間、気持ちのあり様が一瞬で変わった。こんなに変わるのか、と驚くほど。

私の場合、リラックスできる場所は、景色や空間など開放的な場所がいい。
しかし、執筆や考え事に集中できるのは、閉鎖的な場所だ。
できれば、壁を向いた部屋の隅っこがいい。

考えてみると、全部ではないが、執筆のほどんどは壁を向いてやっている。
余計なものが視界に入らないからだろうか・・・。
明確に説明できないが、感覚的に落ち着くのだ。

デスクが壁を向いていないときは、前に衝立を置いたり、すっきりさせたりするだけでも、ずいぶん落ち着く。

それから、人にもよるが、朝と夜が、集中力は高まりやすい時間帯。
食事のあとや、昼間は、生理的に集中力がとぎれる時間だ。
だから、人との面談につかったり、やりたいことをやったり、ちょっと昼寝したり(#^.^#)
なにか工夫したほうが生産性は上がる。

仕事や勉強は、「どれだけの時間するか」ではなく、「どれだけ集中する時間をつくるか」のほうが重要。とくに、人生の後半は……。

写真は最初の一人旅だったパリ。見るものすべてが新鮮だったっけ。