『やりたいことは、今すぐにやれ』

Thursday, August 22, 2013

日本ブランドが台湾に来ると・・・。

台風が去ったが、雨が降ったり、止んだり。
雨が降っていたが、どうしても買わなきゃいけないものがあり、車を走らせる。

プリンターのインクカートリッジだ。
以前、7月1日のブログ「あやしい街角」に書いたように、Canon純正でないインクを買ったところ、やはり・・・2か月も、もたなかった。
7、8月は旅行が続き、あまり使っていないというのにねぇ。

http://arimayu.blogspot.tw/2013/07/blog-post.html

再び電気街に買いに行くと、今回は、愛想のいいお兄さんが、「次の3つから選択してくれ」という。こんな選択もあったのね・・・

1 Canon純正のインクカートリッジを買う
2 Canon純正でないあやしいインクカートリッジを買う
3 インクカートリッジに、あやしいインクを補充する

1より2、2より3を勧められる。安いから、あなたのためにはいい、と。
しかし、前回の反省もあり、迷わず、1を選択。
安くてもすぐにダメになったら、意味ないじゃないの。

きっと電気屋さんは、1より2、2より3のほうが儲けが大きいのね。

ところで、今日、「お~い、お茶」を飲んで驚いた。
日本のよりずっと香ばしくておいしい。
後味すっきり。
ちなみに爽健美茶は、日本のほうがおいしい。
台湾のは、ちょっと薄いような・・・。
どちらも、日本ブランドだが、台湾製だ。

ときどき、日本ブランドだけど、台湾のほうがいい!ということがある。
なにげにパクって、いい商品を作っている場合もある。

大学でユニクロ研究をしている学生がいたが、ユニクロの商品もちがうらしい。
価格に合わせているのか、台湾のほうが品質が劣るとか(本当かどうかはわかりません・・・)。

最近では、ユニクロと似たようなブランドで、台湾製のものが、いろいろとある。
安くて品質もなかなからしい(買ったことはないけど)。

日本商品が台湾に入ってくると、進化したり、アレンジしたり、どういうわけか種類が増えたりして、台湾らしく馴染んでいく。

台湾の人たちは、「自分たち流」をつくっていくのが上手い。
そして、そのスピードが驚くほど速い。
ついていけないほど。

ん? 私が遅いのか?