『やりたいことは、今すぐにやれ』

Monday, August 12, 2013

書き留めておきたい夢

うとうとしていて、不思議な夢を見た。

夢のなかの世界では、私たち人間の寿命は、1週間しかなかった。

ときの総理大臣(どこの国かは不明)が、国民にこう告げた。

「国民のみなさん、これから、私たちの寿命が、一律10年に引き上げられます!」

まるで年金を拡大するかのような通達だったが、国民は、永遠の命を得たかのように、狂喜乱舞。、お祭り騒ぎ。
なにせ1週間が10年になるんだから、ものすご~く長く感じる。

ところが、しばらくすると、戸惑うようになった。

「おい、一体、10年もなにをして時間をつぶせばいいんだ?」

「10年って言われてもねぇ。お金や仕事はどうすればいいんだろう」

「時間はあればいいってもんじゃない」

安っぽいSF小説のような夢。
永遠の命を得た人が悲劇をたどる物語はありがちだが、時間の感覚は人それぞれ・・・というようなテーマだろうか。
10年という時間は、長いともいえるし、短いともいえる。
人生を味わう間がないと、あっという間に過ぎる。
人生の限りを意識しているのと、していないのでも、大きくちがう。

どう考えるかは、あなた次第ってことで。

あ、そうだ。別にこれを言いたかったわけじゃないんだけど、ちなみに、こんな本も。
いえ、宣伝のつもりでは決してなく・・・。

『10年先を考える女は、うまくいく』
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80943-4

10年・・・過ごす前は、結構、長いような気がする。
過ごした後は、短いと感じてしまう。

人間の時間感覚って興味深い。

写真は南アフリカのアンティーク市で見た時計。