『やりたいことは、今すぐにやれ』

Thursday, September 12, 2013

流されない人びと。

私の知り合いのなかに、何人か、
「メールはやっていません」とか
「携帯電話をもっていません」とか
いう人がいる。

メールはやっていなくても、電話をしてくれるので、なんの問題もない。
携帯電話をもっていなくても、パソコンのメールで連絡がつく。
いまのところ、不自由を感じることはない。
恋人や夫だったら、どうかわからないが。

ふと、考える。
そうだ、私たちは、20年前は、メールも携帯ももってなかったじゃないか。

まわりがやってるから、流れでやらなきゃいけないように思い込んでいることって多くないか。

一般常識がなかったり、礼儀が欠けていると、非難されるかもしれないが、携帯電話をもってなくても、それはなにも非難されることではない。

「スタイル」といえばいい。
つまり、自分流。
「スタイル」は許される。

どんな服を着るか? どんな恋愛をするか? どんな遊びをするか? どんなテレビを観るか?・・・も同じようなものかも。
ん?ちょっとちがう?

みんながするしないにかかわらず、マイペースに生きている人って格好いい。
世界を旅していると、なにか便利なものに対して、「それは、私の生活には要らない」とハッキリいう人がいて、清々しいほどだ。

私はメールも携帯も、便利なのでするが、できるだけ人と一緒にいるときはしないことにしている。
これも、独自の「スタイル」……というほどでもないですね(^_^メ)。

「スタイル」は、それぞれ、自分でつくっていけばいい。

ときには、「流されない」ってことも大事。
「流されてみる」ことも大事なときがあるけれど。

写真はフィリピンのアイタ族の子ども。
そろそろ写真が撮りたくなっています・・・