『やりたいことは、今すぐにやれ』

Monday, March 31, 2014

月刊「茶の間」2014年4月号にエッセイ掲載。



月刊「茶の間」は書店では購入できませんが、こちらから申し込んだ方先着3000名様に無料配布されています。
http://www.chanoma.co.jp/new_issue/index.html


4月号は、美味しそうなお茶やお茶菓子、京都のお花見スポットなどが掲載されています。

有川のエッセイは、p74 『こころに一服「茶の間エッセイ」お茶とわたし』。

わたしは、仕事の合間にお茶を入れて飲むのが、日課であり、気分転換。
お茶を丁寧にいれて、じっくりと味わったあとは、リフレッシュできて、ひょっこりいいアイデアが浮かぶことが多いのです。

目の前のことを丁寧に味わうことは、日常生活のひとつひとつに、心を込めて向き合い、たくさんのよろこびを生み出すことにつながっていきます。

幸せというのは、大きいものがめったにやってこないより、ちいさくても頻度が高いほうがいいではありませんか。

毎日繰り返されることに幸せに感じられる人は、なんて幸せな人でしょう。

仕事が煮詰まったとき、ひと仕事終わったとき、イライラしたとき、緊張したとき、ほっとしたときなど、まずはお茶で一服してみませんか?