『やりたいことは、今すぐにやれ』

Tuesday, July 8, 2014

神秘を感じる場所。


ちょっと前に、フジ系で「椎名誠のでっかい旅ファイナル」をやっていた。
場所はアイスランド。
火山国であちこちから温泉が噴き出ていて、地底探検の有名な小説(名前は忘れたけど)の舞台でもある。
地球の神秘を感じる島だ。

興奮。

椎名さんのテレビも本も、いつも旅心をそそる。
じつはお会いしたこともあるが、テレビ以上にカッコいい。
心から旅を愛する冒険家だ。
子どものころの冒険が、そのまま大人になっても続いているような。
私も男だったら(女でも無理ではないが)、もっと秘境へ秘境へと旅をしていたように思う。

私がこれまでもっとも神秘を感じたのは、エーゲ海の島々。
アトランテイスとういう文明国家が、サントリーニ島の大噴火によって海に沈んでいるという。
そのためか、サントリーニ島の形は火山島をぐるりと取り囲んだ三日月型で、地層がバッサリと切り取られたようにむき出しになっている。
大きな軍事力をもったために、ギリシャ神話に出てくる神々の王、ゼウスの怒りをかったという話もある。

この島に佇んだとき、ここにはなにかがある……と、時空を超えた、なんとも説明のできない〝神秘〟を感じたのだ。

興奮はいまでも続いている。
いや、普通のときは忘れているけれど、なにかの刺激があると、またワクワクし始める。
未知の場所への興味はどんどん大きくなる。
エーゲ海だけでなく、あの場所、この場所にも……。

よくわからないことを確かめてみたいというソワソワ、ワクワクとした興奮は、もしかしたら太古から組み込まれたDNAなのかもしれない。

興奮が沸点に達したとき、ふたたび旅が始まる。

まずい。アイスランドにも、ソワソワし始めてしまった。

恋心にも似た感覚で……。


写真はギリシャのサントリーニ島。
3つの石を置くのは魔よけのようなものとか。度々、海賊が襲ってきた島でもありました。