『やりたいことは、今すぐにやれ』

Sunday, August 24, 2014

『鹿屋アスリート食堂』で623kcalのランチしてきました。


鹿屋体育大学に行ったついでに、前からずっと気になっていた「鹿屋アスリート食堂」でランチしてきた。

東京のお店が、皇居ランをする人が立ち寄る場所として、話題になっていたので。
情報ツウの台湾の友人も、東京観光のひとつとして選んでいたし。

【鹿屋アスリート食堂(神田錦町)】
http://www.10over9.jp/10over9_bldg_kanda/1f.php

もともとは鹿児島県鹿屋市で、「産(サービス会社)・学(国立鹿屋体育大学)・官(鹿屋市)」の「産学官連携プロジェクト」として始動したものだとか。
鹿屋体育大学の入り口のところに建っている店舗は、オシャレなカフェという感じ。
日に焼けたアスリートたちに混じって、地元の高齢者たちもいるところが鹿屋らしい。

【鹿屋アスリート食堂】
(鹿屋市研究開発本部)
http://www.asushoku.com/kanoya/

 「 鹿屋アスリート食堂」では、「スポーツ栄養学」に基づいたメニューにより「バランスのとれた豊かな食生活」を提案。 アスリートの食事のように、健康的な減量やパフォーマンスを発揮するための栄養補給を可能にするメニューの組み合わせで様々な体質改善・健康志向に向けた食事を「一汁一飯三主菜」の定食で形づくります。

とある。
たくさんのメニューのなかから、運動量などに合わせて、3品のおかずとご飯を選ぶ。
レシートには、1日分の摂取カロリーと栄養素、それに対する自分が選んだメニューの摂取カロリー、栄養素が表示されている。

写真のメニューは、サバの唐揚げ甘酢あんと、おから、夏野菜のお浸しなど。
ご飯と薩摩汁で633kcal。女性の一日に必要は摂取カロリーが1950kcalなので、なるほど、これくらいの食事を3回すればいいというわけ。
普段のご飯はもうちょっと控えてもいいかなぁとか、野菜はシンプルな味付けにしよう……などと、あれこれ考えたことだった。

ランチしながら、栄養について学び、普段の食事や、自分の体を省みる……という意味で、ランチの値段以上の価値はあるかも。
(夜も同じ値段で定食があるみたい)

十数年ぶりの鹿屋までのドライブは、自然がいっぱいでたいへん癒される旅だった。
大隅半島は、たくさんの漁船が浮かぶ港がいくつもあり、お屋敷のような日本家屋が点在し、海と山が身近にあり、桜島と薩摩半島が海の向こうに見え……。

昔のまんまのような、ずいぶん変わったような……。たぶんどちらも。