『やりたいことは、今すぐにやれ』

Sunday, August 17, 2014

合宿とバレーと猫と。


一日、友人が所有するマンションに泊まり、その後、大学の先輩宅の留守番。人の家を転々としている。

いまいるお宅の住人たちは、夏の旅行にでかけたので、猫ちゃんのお世話。
私は、どこの場所でも仕事ができるので、ときどき、このようなご依頼をいただくことがある。

実家には車で30分。
車もお借りしているので、ときどき帰る。

先日はお墓参りに帰ったついでに、姪のバレー合宿を見にいった。

下の写真は、14歳の姉の練習を見守る2歳の妹。

この合宿、中学生の県選抜メンバーに選ばれるための合宿だそう。県内あちこちの中学から集まっている。
175センチくらいの女子中学生がたくさん。
強烈なスパイクと、なにがなんでも取ろうとするレシーブ。
72歳くらいのコーチは、いつも怒鳴っている。
あんなに真剣に叱る大人、ひさしぶりに見た。
でも、愛情にあふれているから、凹む女子なんていない。

だれもが、ぜったいに負けられない。自分こそ、選抜メンバーに入るんだという闘志がみなぎっている。
みんな、よき仲間であり、よきライバル。
コートで戦う女子たちは、ほんとうにかっこいい。
すごく大人に見える。
そんな一生懸命な女子たちを見てたら、なんだか泣けてきた。
ほんとうに、ほんとうに、かっこいいなと……。

昨日も帰宅し、夜10時から朝の4時まで姪の数学の特訓。
私、教えられるんだろうか?と、ふと思ったが、かつて塾で中学生の数学を教えていたときと、ほとんど変わっていなかった。
よかった。

私は、本を書くための、ひとり合宿。
いや、もう一匹、相棒がいる。

私がパソコンの前に座ると、キーボードの上にふさがって、
「あそんで~」
とアピール。
最近は、ノートパソコンをパタンととじるというワザまで覚えた。

なんてかわいんだろう。

遊んでやろうではないか。
と、しあわせな気分になって、ソファーで猫と遊んでいたら、いつの間にか寝てしまった。

まずい。

2か月前も、本を書きあげるために、鹿児島で合宿したのに、まだその本を書いている。

この合宿で終わらせなきゃ。
ということで、今日もがんばろう。

鹿児島は雨が上がって、いい天気になりそう。
今日も暑くなりそう。