『やりたいことは、今すぐにやれ』

Sunday, June 21, 2015

両親のこと。

つくづく、自由に生きてきたなぁと思う。

考えてみれば、両親は私のやることに、反対したことはなかった。
幼いころ部活動を決めるとき、止めるとき、友だちと遊ぶとき、高校や大学に進学するとき、就職するとき、「こうするからね」と報告はするが、……母の「いいんじゃない?」で終了。
父はなにも言わなかったが、私が約束を守らなかったり、人に迷惑をかけたりしたときだけは、強く叱った。

大人になって、たくさん転職をして、たくさん引っ越しをして、いくらかの恋愛をした。
どんなことを報告しても、「いいんじゃない? あなたが決めたことなら賛成」で終わり。
うまくいかなくても、「あ、そう」で終わり。
よかったとも、悪かったとも、言わなかった。
だからこそ、ちゃんと決めなきゃ自分が痛い思いをする、と思った。

母は重心(重症心身障がい児)病棟の看護師をしていて、よく、
「子どもは、生きていてくれればいい」
と言っていた。
親よりも先に、子どもたちが亡くなっていく姿を見ていてそう思ったらしい。

ちょっとした弾みで、私が不登校になって高校を中退しかけたときも、
「いいんじゃない? 高校にいくだけが道じゃないから」
と言った。

「えーーー!? 私の人生、ここで挫折するなんて、冗談じゃない!」
と、私はそれから毎日休まず登校するようになった。
自分でなんとかしなきゃと思ったからだ。

そんな親子関係は、あたりまえのように思っていたが、子どもの生き方に口出ししない親って、じつは普通ではないのかもしれない。
私だったら、あーあーあーと、見てられなくて、つい口出してしまうだろう。

おかげで自立は早かった。

いま思えば、つくづく不思議な両親、不思議な夫婦関係、不思議な親子関係だが、私はそんな両親でよかったのかも……。
朝起きた瞬間、そう感謝して、母に電話して伝えた。

「そうお? ま、よかったじゃない。あなたの本、目が悪くて読めないけれど、褒めている人がいるわよ」

ちょっと涙が出た。
こんな間接的な褒め方も相変わらず。
親子関係にいくらか距離感があったから、もしかしたら、「いつか認めてね」と、こころのどこかで思い続けていたのかもしれない。

今日は父の日。
夫婦仲のよかった父が、最期に残した言葉は、「お母さんのことをお願い」だった。
父の日に、母への感謝を伝えることになったのは、もしかしたら、父がいちばん望んでいて、仕向けたことだったのかもしれないと思う。